会話上手になる法則。

男女問わず多くの人から親しまれる人気者は、会話上手な人が多いです。 仕事でもプライベートも会話はコミュニケーションの基本。 会話を盛り上げるため、簡単なテクニックをご紹介。 1 会話を楽しくスムーズに進めるにあたり、事前準備は重要。 相手に聞け…

給与明細の正しい見方。

給与明細をもらっても、手取り額を確認しただけで、机の引き出しの中にしまい込んでいませんか。 一生懸命働いた報酬がいくらで、どんなお金が引かれているのか、しっかり確認したいですね。 給与明細の正しい見方をマスターして自分の給与を把握しましょう…

ビジネスシーンで使用NGワード。

普段のしゃべり言葉がついビジネスシーンで出てしまうことありませんか。 お客様や上司にむかって不快な言葉は発していませんか。 チェックして、今日から改めましょう! 1:部長、"了解"しました 了解しましたは、お客様や上司に対して使うのはNG。 敬語に…

知らないと赤っ恥?ビジネス用語

意味不明なビジネス用語を耳にした経験はありませんか。 しかし、第二新卒ともなれば誰かに意味を聞くのも恥ずかしい。 そんなアナタに今日から役に立つビジネス用語集をご紹介。 ■ペルソナ この商品の"ペルソナ"は、○○大卒、30歳、営業職、年収○○円です ペ…

気づかいビジネスメールの打ち方。

さまざまなビジネスメールがあるなか、相手に依頼する時やお礼をいう時、あるいはお詫びをする時など使い分けは必至。 ちょっとした工夫で印象度をアップしたり、信頼関係を強めたりできます。 ポイント!依頼メールは相手へ真剣にお願いをしていることが伝…

苦手な初対面の人への人見知りを克服する方法。

ビジネスの初対面は難しいですね。 初対面は大得意!なんて人ほとんどいないんじゃないでしょうか。 誰もが苦手けれど、ビジネスにおいて初対面での印象は最重要。 多くの人たちと出会うビジネスの場での一期一会を逃さないように、初対面の苦手意識を克服し…

転職先でモテる!アピール術。

転職したばかりだけど社内の人達と打ち解けられないみなさん。 違う職場になるけれど、環境に馴染めるか不安なみなさん。 転職したての方に多い人間関係のお悩みを解決しましょう! 1・ できれば、始業1時間前に余裕で会社にいる時間に起きる習慣を。 早い…

仕事上手の人のデスク整理。

デスクの上、整理されていますか? 何か新しい作業をしようとするたびに、膨大な書類の山を捜索する姿はとっても見苦しいですし、自分が会社を休むときに他の人に仕事を頼もうにも、どこに何があるのかを把握できません。 重要なメモやUSBメモリを紛失したり…

トップクラスの口説き方!エグゼクティブを営業訪問する際の心得。

社長をはじめ、取締役や執行役員などの経営陣、いわゆるエグゼクティブの皆さんに対して営業訪問するときは緊張しますよね。 しかし同時に、こういった会社のトップへの営業は非常に効果的で、上手く行けば即受注、というミラクルが起こることも。 重要で稀…

自分の話に興味を持っていない人を見抜くサイン

営業トークで手ごたえありと思っていたのに、待てど暮せど先方から連絡がこない。 上司に報告をしているのに、良いリアクションが返ってこない。 相手があなたの話に興味を持っていないから。 会話の相手があなたに興味を持っていない場合、サインを出してま…

ここ1番は色で決める!できる営業マンのファッションカラー

できる営業マンは、ビジュアルも必至。 おしゃれな営業マンが増えてきたが、まだまだ。 ただ身だしなみを整えるだけでなく、お客様に好印象を与えたいもの。 そこで、シーン別スーツの色使いをご紹介。 1:初めての訪問 協調性を表すグレーで好印象! 初対面…

人望が集まる挨拶の方法。

あいさつが人間関係の9割を支配。 第一印象の重要性は、その人物が温かい人間か、頼れる人間かどうか。 はじめのほうに提示された情報ほど、強い影響を及ぼします。 初頭効果という言葉に立証された心理学的ノウハウを、デキるビジネスマンたちはカンタンに…

部長に説得力のあるウマイ文章だとうならせる裏ワザ

私たちビジネスマンは日々のメールや報告書など、文章を書くことは避けられません。 文章を書くのは苦手なのに、説得力のある企画書が書けたら、どんなにいいか!との思いを抱えている方も多いはず。 大丈夫!ウマイ文章を書くコツがあるのです。 部長からも…

会社員として成長するため縦でも横でもない『斜めの関係』!?

会社の規模の大小に関わらず、伸びる社員はマンネリ化をしないための努力を行っている共通点があります。 マンネリ化が進むことで、社内にはアタリマエとフツウという凝り固まった考え方が増えていきます。 そして、今やっていることがベストだと思い込み、…

転職でブランク期間があると不利に?面接での正しい伝え方。

転職におけるブランクは、いわゆる離職中の期間を指します。 在職中に転職活動を行いスムーズに転職先が決まればブランクは生じませんが、さまざまな事情で転職先が決まらず離職する方もいるでしょう。 そうした人の中には、ブランク期間が原因で採用担当者…

テレワークの友にラジオを!ながら聴取で脳が活性化!

テレワークで仕事をしながらテレビを見ることには抵抗がありますが、音楽やラジオを聴きながら仕事をする方は多いと思います。 実は、何かをしながらラジオを聴くながら視聴には脳を活性化する効果があることがわかっています。 人間の想像力や記憶をかきた…

キャリアアップするほど求められる、ビジネスパーソンの非認知能力!

教育分野では非認知能力が注目を集めてます。 数値化できないといわれる非認知能力採用基準や人事評価などに取り入れる企業も出てきてます。 非認知能力とは、IQや知識、資格のように数値や基準によって測ることができない能力をさします。 身体能力、精神的…

面接で嫌な質問をされたときの切り返し方

新卒での就職活動で面接を経験している第二新卒ですが、転職活動での面接の質問は新卒就活時のそれとはまた種類が違います。 時には答えにつまるような質問をしてくる面接官も。 そんな質問にどんな答え方をしたらよいのでしょうか? 一つ目は退職理由、二つ…

休日の過ごし方でライバルに差をつけろ!

休日の過ごし方は人それぞれ。 戦闘モードで情報収集&プラスαの仕事をこなす、やる気満々イケイケビジネスマンもいれば、休日は仕事を離れて家族との時間を大切にするメリハリビジネスマンもいるでしょう。 1年365日、休日も仕事に費やす人生は考えられない…

ビジネスにおける、SNSのマナー

ビジネスにおいてSNSを利用する機会が増えました。 ただ、電話や電子メールに比べて、まだまだマナーが確立されていないため、うっかりやってしまったことが相手を不快にさせたり、会社の信頼を失うことも。 SNSのマナーを確認しましょう。 1:昨今のアルバ…

仕事で知り合った人に、ときめいたら?社会人の恋愛事情

同じ職場だったり、仕事の関係を通じて出会って、そこから結婚に至るカップルも少なくありません。 しかし、その一方で、社内恋愛は望ましくないとしてネガティブにとらえる職場もあります。 社会人の恋愛事情について考えてみましょう。 社会人になると、仕…

女性は男性の見た目よりもニオイが気になる!

男性と女性との間に感覚や物事の受けとめ方にギャップがあり、男性の感覚ではOKでも、女性にとってはNGということがあります。 身だしなみも、男性と女性では気になるポイントがかなり違っていることがわかりました。 「ビジネスマンの身だしなみに関する意…

経験や前例がなくても問題を解決できる「問題解決力」を身につけよう!

ビジネスで求められるスキルや能力は多岐にわたりますが、その中でも「問題解決力」はもっとも重要なもののひとつと言えます。 職種や役割を問わず、ビジネスパーソン必須スキル問題解決力について考えてみます。 たとえば、ある課題について過去に同じ状況…

パワハラで困っている人は都道府県労働局の「個別労働紛争解決制度」に相談を!

一般企業に留まらず、スポーツ、アイドルの世界にまで広がっているパワーハラスメント。 もし自分が被害を受けたらどうしたらいいのか。 裁判はちょっと...という人にぜひ知ってほしいのが、職場のトラブル解決をサポートしてくれる国の個別労働紛争解決制度…

日本人は疲れている!?余暇は心身を休めるために使うが4割強

余暇についての考え方に関し、余暇は、心身を休めるために使いたいと回答が4割強、日々の生活に疲れている人が多いことが分かりました。 余暇の過ごし方のタイプはアクティブ派「アクティブ派」「どちらかといえばアクティブ派」の合計が2割強、ゆったり派「…

女性経営者の98%が「第一印象は大切」! 第一印象を良くするには!?

アンケート調査で、ビジネス最前線で活躍する女性経営者たちは、第一印象を大切にしている結果が出ました。 インターネットを利用したコミュニケーションツールの普及や通信環境の発展により、遠隔地にいる相手と仕事することは普通になりつつあります。 声…

お酒を飲まない会社員9割が酒の席に参加したくない。

お酒を飲まない会社員(20代~40代)を対象に酒の席に関するアンケート調査結果。 酒の席に参加したいと思いますか?との質問に約9割の会社員が『いいえ(88.1%)』と回答。 酒の席=会社の飲み会と6割以上が回答! 会社の飲み会でも最も多いシーンは? 酒の席はど…

あおり運転やセクハラ、痴漢冤罪などのトラブルから守ってくれる保険がある!

あおり運転をはじめ、セクハラ、ネットトラブルなど日常にあるトラブルはさまざま。 もし、トラブルに巻き込まれても個人的なトラブルに、警察などが介入することはなく自分で解決しなければなりません。 そんな時に頼りになるのは弁護士ですが、費用が予想…

20代~60代の7割経済的に豊かでない、20代の8割子供持つ余裕ない。

お金に関する意識調査の結果を発表。 これによると全国20代~60代の男女に世間と比べて経済的にどのように感じるか質問したところ全体の7割弱が経済的に豊かでないと感じていました。 同調査は、インターネット利用する方のうち、スマホ所有する全国の20代~…

創造性を殺しているのは、半径50cm内にある便利な道具!

「溢れる情報の洪水の中で私たちの創造性は確実に削がれており、社会のスピードは加速し、時間的にも精神的にも余裕がなく、過剰なストレスがかかったこの時代に、創造力を取り戻すにはどうすればいいのか」という問題があります。 脳の機能を科学的に検証し…